杜若園芸 とじゃくえんげい 直売店情報

杜若園芸 とじゃくえんげい YouTubeチャンネル
杜若園芸 公式Instagram
杜若園芸 公式Twitter
杜若園芸(とじゃくえんげい)公式フェイスブック
杜若園芸(とじゃくえんげい)からのメールマガジン
水生植物Q&A
お買い物に関するQ&A

■営業日
平日 9:00〜17:00

■出荷定休日
土・日・祝(臨時休業あり)

生産直売店は土・日・祝も開店しております。
(営業時間 9:30〜16:30)
■営業日カレンダー
杜若園芸 とじゃくえんげい 営業日カレンダー 

杜若園芸 とじゃくえんげい 営業日カレンダー 

赤字
の日は出荷をお休みさせていただいております。
ご注文は承っております!

トップページ > 店舗・販売情報 > よくあるご質問 > 害虫、病気について

title-032.jpg

アブラムシの駆除方法
根気良く水で吹き飛ばしたり洗ったりします。水面に落ちたアブラムシ
はすくったり、かけ流したり、同居している魚に食べてもらったりします。
ただ、完全に駆除できない場合があり、こまめにチェックが必要です。
牛乳を水で約10倍に薄めたものを霧吹きで吹き付けます。薬を使わ
ない方法では、効果が期待できるものですから一度お試しください。
薬品を使用する場合
一般に売られているアブラムシ用のものであれば問題はありません。
散布される時は、標準散布量より薄めが良いでしょう。
但し生き物と同居している場合は、やはり害が及ぶ恐れがあります
のでお勧めできません。
弊社では「オルトラン」を使用しております。弊社使用実績上、メダカが
死んだことはございません。また、植物を納品したお客様から生物が
死んだという報告は今のところございません。ただし、弊社で植物を
使用にあたり生物の保障するものではございません。

貝類・蛾の幼虫類などの駆除方法
薬品での駆除もありますが、これらに関しては一般家庭では根気良く
手で取っていくのが良いでしょう。油断しているときれいに食べられて
しまうことがありますが、愛情を持って世話をするのも楽しみの一つに
してしまいましょう。

病気の対処法について
一般的に病原菌の大部分は湿気を好みます。この為、葉・茎が繁茂
しすぎないように様子を見ながら摘んで、日当たりを良くしたり風通しを
よくすることが先ず大切です。また、葉の上から水をかけないことも
基本です。
病気にかかってしまったら媒介となる虫(アブラムシなど)を駆除します
が寄生された葉や茎は潔く摘み取ったほうが良いでしょう。
他に広がり蔓延してしまうとすべてダメになる恐れがあります。
一度病気が発生した土には植物を植えないようにしましょう。

薬品を散布するのは最終手段にしましょう。
人間と植物や虫達の生態系の回復がビオトープの
基本的な考え方です。
すべての生き物が優しく共存できるよう心がけましょう。